自分の車はいつ完璧になるのだろうか…

今現在自分の愛車は、16歳からアルバイトをしお金を貯めて18歳に念願の愛車を買いました。車は中古でノアになります。もちろん中古なので綺麗で整備不良じゃ無いものを選びました。
そして納車日から私はどこへいくにも車で出掛ける毎日に、会社の行き帰りのが毎日楽しかったです。
納車されてから約3ヶ月がたったある日…あれ?後ろのスライドドアが開かない…という事件に見回れエピソード1 納車から3ヶ月でこんなの有りかと思いすぐに車を買った所へ持っていき見てもらいました。
そしてドアが開かない現状を知り、あれ?おかしいねー…と10分位色々見て言われた一言が…
何で開かないかよくわからない!と言われ私は尽かさず え?わからないんじゃ直らないって事ですか?と聞くといやーそうだね!あ、でも無理矢理やれば開くからこれでいくしかないねと言われました。
その瞬間こいつは何故車の整備・修理屋さんになれたのだろうかと。
それ以降私はそこの修理屋には1度もいっていない。結局スライドドアはどうなったかというと18歳の頃整備工場に少し働いた経験があり、その時の知恵で直りました。

エピソード2・・そして

dd058ab60e359e83d90d08ac9c243741_m

ドアの一件から2、3年が経ち、車検も普通に終わり故障もなくのり続けていたがある日の会社帰りに、エンジンがちょっとかかりずらくなって来ました。しかし私は仕事も忙しく修理屋さんに行く時間もないので
大丈夫だろうと見て見ぬふりをしていました。そんなある日、会社帰りの駐車場でエンジンがかからなくなり動かなくなってしまいました。
動かないので修理に持っていくことも出来ないので、両親の知り合いの修理屋さんにわざわざいてもらい見てもらいました。その修理屋さんは両親もいい人で良くしてくれるということで1度車検もやってもらい顔見知りのため安心していました。
そしてエンジンが動かない原因はバッテリーがないとの事でした。原因もすぐわかりバッテリーも新しいのに変えてもらいスピーディーな対応だったのですごく助かり、今後もよろしくお願いしますと言いました。そして修理金額を聞いたら…人が動いた出張代とバッテリー代と工賃に燃料費を合わせて8万円と言われ一瞬私は「は?高すぎじゃね?」と思いましたが、仕方ないと払いました。そして詳細の明細を見たらなんと!出張代と燃料代で5万もとっていました!
遠いならまだしも、私の会社の駐車場から修理屋さんまでは20分程度なのにこれは高すぎと思いましたが多目に見ました。修理してもらった次の日の朝、普通に会社に行こうとしたら…エンジンかからない…嘘だろ?と思いすぐ連絡し、来てくれて見てもらいました。
そしたら「あーやっぱりバッテリーじゃなくてこっちかー!まぁしょうがないか!アハハァ。んじゃ次また直すよ」と言いました。バッテリーが原因じゃなく燃料ポンプだったそうです。結局レッカー車代、また出張代、ポンプ代、燃料代、工賃代で10万でした。はなからバッテリーじゃなくポンプだとわかっていながらバッテリーしか直さなかったなんて完全にぼったくられました。
それいこうそこの修理屋さんとも付き合いはなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です