右側のウインカーの故障と修理

私の車はホンダのLIFEです。先月の初め、右側のウインカーが故障しました。

最初に故障かと思ったのは、レバーを元に戻しても右側のウインカーが点滅したままになった時でした。少し時間がたつと点滅は消えました。それから2~3日同じ状態が続き、やはり修理に出そうと思っていた矢先に右側のウインカーは全く点滅しなくなりました。左側は正常でした。いつも車検や修理をお願いしているトヨタに電話したところ、ちょうど冬から夏タイヤに交換する時期で整備部門が混んでいて、これから予約が取れるのは1週間程先になるとの回答でした。私の車はホンダですが、私は車検と修理、保険もトヨタにお願いしています。ウインカーがつかないままの運転はとても危険だと思ったので修理に出すまで遠出はせず、買い物等は出来るだけ左折だけで目的地に到着する道を選んでいました。運転中に手信号を出す方法もありましたが、片手でハンドル操作をするのが不安で手信号はやりませんでした。

トヨタの整備工場へ・・・

トヨタの担当の方はウインカーの球切れだと推測していたようでした。修理の日、修理所要時間は約1時間だと聞いて待っていたところ、実は球切れではなくウインカーの配線がどこかで切れているとの報告がありました。その配線が切れている場所を特定するのに時間がかかるとのことで、その日から車を預かって修理するということになりました。代車を出してくれると言ってくれたのですが、軽自動車の代車はトヨタになく、代車は普通自動車だと聞いて借りませんでした。軽自動車以外は殆ど乗ったことがないので、普通車の運転は自信がないのです。トヨタの整備士はホンダの車の配線場所はわかりづらくて配線場所を調べるのに時間がかかるのだろうと家族は言いました。私は、車の基本構造は同じだろうからホンダとトヨタのどちらでも修理のやり方や所要時間は同じだろうと思ったのですが、この疑問は後で調べてみようと思いながらまだそのままになっています。2日後、配線が切れていた場所が思ったより早く特定出来て修理が終了したと担当者から連絡をもらいました。修理代は約1万2千円でした。切れていた場所の部品を見せてくれました。

1fcbe90d27207b20278aa370bfe0dddb_m

修理に行った日にバッテリーがかなりへたっているとの連絡があったのでバッテリーも交換してもらいました。ウインカーの修理だけではなくバッテリーとオイル交換もしたので、安心して乗れるようになりました。そして車を受け取ってからの帰り道、車の調子がおかしいと思った時はすぐに修理に出した方がいいと反省しました。もし調子が悪いと気付いた時にすぐに連絡していれば、1週間も待たずにもう少し早く修理に出せていたかもしれません。ウインカーを出さない運転はとても危ないと実感した1週間でした。

自分の車はいつ完璧になるのだろうか…

今現在自分の愛車は、16歳からアルバイトをしお金を貯めて18歳に念願の愛車を買いました。車は中古でノアになります。もちろん中古なので綺麗で整備不良じゃ無いものを選びました。
そして納車日から私はどこへいくにも車で出掛ける毎日に、会社の行き帰りのが毎日楽しかったです。
納車されてから約3ヶ月がたったある日…あれ?後ろのスライドドアが開かない…という事件に見回れエピソード1 納車から3ヶ月でこんなの有りかと思いすぐに車を買った所へ持っていき見てもらいました。
そしてドアが開かない現状を知り、あれ?おかしいねー…と10分位色々見て言われた一言が…
何で開かないかよくわからない!と言われ私は尽かさず え?わからないんじゃ直らないって事ですか?と聞くといやーそうだね!あ、でも無理矢理やれば開くからこれでいくしかないねと言われました。
その瞬間こいつは何故車の整備・修理屋さんになれたのだろうかと。
それ以降私はそこの修理屋には1度もいっていない。結局スライドドアはどうなったかというと18歳の頃整備工場に少し働いた経験があり、その時の知恵で直りました。

エピソード2・・そして

dd058ab60e359e83d90d08ac9c243741_m

ドアの一件から2、3年が経ち、車検も普通に終わり故障もなくのり続けていたがある日の会社帰りに、エンジンがちょっとかかりずらくなって来ました。しかし私は仕事も忙しく修理屋さんに行く時間もないので
大丈夫だろうと見て見ぬふりをしていました。そんなある日、会社帰りの駐車場でエンジンがかからなくなり動かなくなってしまいました。
動かないので修理に持っていくことも出来ないので、両親の知り合いの修理屋さんにわざわざいてもらい見てもらいました。その修理屋さんは両親もいい人で良くしてくれるということで1度車検もやってもらい顔見知りのため安心していました。
そしてエンジンが動かない原因はバッテリーがないとの事でした。原因もすぐわかりバッテリーも新しいのに変えてもらいスピーディーな対応だったのですごく助かり、今後もよろしくお願いしますと言いました。そして修理金額を聞いたら…人が動いた出張代とバッテリー代と工賃に燃料費を合わせて8万円と言われ一瞬私は「は?高すぎじゃね?」と思いましたが、仕方ないと払いました。そして詳細の明細を見たらなんと!出張代と燃料代で5万もとっていました!
遠いならまだしも、私の会社の駐車場から修理屋さんまでは20分程度なのにこれは高すぎと思いましたが多目に見ました。修理してもらった次の日の朝、普通に会社に行こうとしたら…エンジンかからない…嘘だろ?と思いすぐ連絡し、来てくれて見てもらいました。
そしたら「あーやっぱりバッテリーじゃなくてこっちかー!まぁしょうがないか!アハハァ。んじゃ次また直すよ」と言いました。バッテリーが原因じゃなく燃料ポンプだったそうです。結局レッカー車代、また出張代、ポンプ代、燃料代、工賃代で10万でした。はなからバッテリーじゃなくポンプだとわかっていながらバッテリーしか直さなかったなんて完全にぼったくられました。
それいこうそこの修理屋さんとも付き合いはなくなりました。

想像していたよりはるかに高かった車検

我が家では2013年の12月に初めて車を買ったので、2016年1月の車検が初めての体験でした。車は本体が13万円くらいのかなり安い中古車で、ダイハツ・ミラの軽自動車です。最初に旦那が一人でダイハツのディーラーに見積もりをもらいにいったのですが、約13万円という価格を聞いて驚きました。

同僚や妹に聞いてみても、そんなに安い車で車検がそんなに高いのはおかしいとのこと。ふっかけられているのではないかと思い、オートバックスでも見積もりを出してもらうことにしました。このときは二人で行きましたが、待ち時間にも自由にドリンクが飲めたり、漫画が読めたりするようになっていたので快適でした。ダイハツのディーラーのほうはそういったものがなく、長時間待つのがかなり大変だったと旦那が言っていました。結局、オートバックスでの見積もりもダイハツのディーラーとほぼ変わらない、むしろやや高い金額だったのでこれが現実なのだと受け入れざるをえませんでした。旦那の考えでは、古い車なのでメンテナンスが行き届いておらず、安く買った分整備にお金がかかるのだろうとのことでした。

90f47aa9e34746c29628700292b8a9cf_m

車検のたびにこんなに大金をとられたのではたまらないと思いましたが、今回メンテナンスをすれば次回以降は安くなるだろうと信じて払うことにしました。少しでも安いほうがいいと思い、ダイハツのディーラーを選びました。キャンペーン中とのことで500円分のクオカードをもらえてちょっと得した気分でした。先に前金として現金で5万円払い、後日クレジット払いで81900円払いました。見積書にあった端数はまけてくれたようで、この点も地味にうれしかったです。まさか車検にここまでお金がかかるとは思ってもおらず、せいぜい数万円だと思っていたので手痛い出費でしたが、これも長く安全に車に乗るための先行投資だと思って割り切ろうと思います。次回以降の車検では金額が安くなることを願ってやみません。